不動産と仲介手数料について

信頼と実績の証とは

お客様から信頼を得る

信頼を得るためには、まずはお客様の求めている状況を的確に把握することが大事です。
ここでは、アパート探ししていた時の一つの例をもとに追っていきます。

その人は、引っ越しシーズンではない時に、急遽別の住居を探すことになりました。
急なことだったので、敷金や礼金ひいては家賃をあまりかけることはできません。
彼女は2つの不動産を訪ねました。
一方は、敷金、礼金なしで、家賃は確かに安いのですが、近隣に住む人が年代の離れた異性に囲まれているという、不安な状況でした。
もう片方は、家賃は最初に尋ねたとこに紹介されたところより高かったのですが、近所の住む人も自分と似たような状況の同性が集まっているということで安心ある住宅でした。

結果は一目瞭然、その人は後者の住宅に暮らすことを決め、そちらを紹介してくださった不動産に仲介手数料を支払ったそうです。
相手のニーズを的確にとらえることは、供給の応える基本ですね。

押し売りに気を付けて

不動産の売り上げは仲介手数料がほとんどなので、労働者としての心理において仕方ないです。
しかし、仲介手数料を得るために、お客様にアパートの決定を促す人には、気を付けましょう。

冷静になって考えると、自分の求めている条件に釣り合ってない部分があるかもしれません。
少し視野を広げてみれば、近所は自分にとって不安な環境であるかもしれません。
家を探すとき、自分のこだわりを見失わないために、押し売りする人の言葉は必要最低限の情報だけ聞いておくようにしましょう。
そして、自分の足で何件も不動産をめぐって、満足の物件が見つかるまで探していきましょう。
自分の合う物件を見つけたときに、紹介してくれた不動産に支払う仲介手数料に重みを感じるのです。