不動産と仲介手数料について

インターネットから生まれるスタイル

お客様の持つ情報量が多いです

インターネットでは、時に架空の情報として悪意のある情報提供も存在はします。
しかし、基本的に自分の求めている最新の情報をいち早く習得できます。
だから、事前にこれからやることにおいて、勉強で予習するように、事前に調べていれば、無茶な料金を提示されても、ちゃんとした理由をもって指摘することが出来るのです。

これは、不動産側からしても、実は既に配慮していることでもあります。
以前は何も知らないお客様がほとんどだったので一から順を追って説明しなければいけませんでしたし、仲介手数料を法律の範囲以内で最高金額を提示していたところも少なくはありませんでした。
だけど現代では、ある程度の知識を持って不動産に訪れる人がほとんどなので、お客様に不快な思いをさせないように、現実的な範囲で対処しなければいけないのです。

インターネットの習性を利用して

インターネットの普及によって、仲介手数料を一つの案件につき、多くは取れなくなった今、不動産が経営を継続していくには、多くの案件を抱えることが重要なポイントとなっています。
そこで、打った一つの手が、インターネットを逆に利用して、お客様に興味を持たれたうえで来店していただくということです。

インターネットを逆に利用する、とはどういうことなのでしょうか。
それは、インターネットを使用するうえでの利点である情報拡散、「広告」を利用することです。
住宅や、その土地について、出来るだけ多くの情報を掲載します。
その中で、お客様がお求めになる情報をピックアップして、興味を持たせます。
そのうえでお店に来てもらい、現地へ案内するのです。